PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

船のおはなし

こんばんわ。
最近私事ではありますが船の撮影にはまっています・・・
私の祖父が島に住んでいた関係でフェリーに乗る機会が多かったのです。
昔からかっこいいなとは思っていたのですが撮影するという所までは気は回っていませんでした。
最近になってしまなみ海道全通その他もろもろの理由によりフェリーは続々と鬼籍に入ってしまい記憶から消え去ろうとしていたところ、つい先日とあることをきっかけにその格好良さを思い出してしまい、ネットで検索するとまだ一部では生残っていることが判明してしまったので撮影に趣いている次第です・・・
というわけで初めてこのブログで鉄道以外の記事を書いてみようと思います。w

第十かんおん2015_03_31(1)
三原港 2015/03/31
第一発目は第十かんおんです。
この船は1981年製の今年で34年目を迎える大ベテランです。
土生商船に1981年に新造されてからずっと籍を置き続けている生え抜き船で象徴的な存在であります。
第二かんおんとペアを組みながら日替わりで運行しているようですが
今回はたまたま第十かんおんに当たりラッキーでした。

第十かんおん2015_3_31(2)
同上
ご覧のとおり今では見ることが少なくなった片頭船です。
昔は今治まで行く芸予航路ではポピュラーなスタイルでしたがしまなみ海道全通がフェリーたちの運命を大きく変え
今ではこのスタイルは見ること自体少なくなってしまいました。
探していても現存している船自体が少なく何とか残ってくれているという感じです。
第十かんおん2015_03_31(3)
同上
そんな厳しい状況ではありますが三原港には快速船や高速船の発着は割と残っていてそこそこ賑やかです。
車の需要はしまなみ海道に根こそぎ持って行かれましたがまだまだ旅客の需要自体は残っています。
まあバスは時間かかりますからね・・・
この芸予型スタイルのフェリーは瀬戸内海で同じく三原港を発着する幸運丸
今治で働いているフェリーみしましか定期航路では確認できませんでした。
まだ不定期船や瀬戸内海以外でも動いているかもしれませんが地味すぎて確認する手段がないのが実情です・・・
それでもまだ定期航路で活躍してくれていることは嬉しい限りです。
いい被写体なのでまた撮影に訪れたいと思います。

今まで鉄道記事ばかりだったので船記事は浮いてしまいますが同じ乗り物ってことでご容赦ください(笑)
スポンサーサイト
[ 2015/03/31 23:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。